不眠症の発症そして薬漬けの日々へ突入 !

自分の心身に異常が現れ始めたのは大学受験前の夏でした。

毎晩夜更かしをして勉強していたからなのか、受験のプレッシャーからなのか徐々に寝付きが悪くなっていったのです。眠りが浅いので、げっそりとした様子で高校に行き、勉強もろくに出来なくなりました。

見るに見かねた両親が僕を地元の心療内科につれて行き、結果、不眠症との診断を受け睡眠導入剤が処方されたのです。

何の睡眠薬だったが忘れましたが、よく効いたのは覚えています。
それからは、少しでも寝付きが悪い時は睡眠薬を飲む習慣になっていき、次第には睡眠薬がないと夜眠れないようになりました。


そんな状態でしたが、大学にも合格し無事に入学することができましたが、やはり、寝付きが悪く睡眠薬が手放せません。
それだけでなく、今度は当初の量では薬の効き目が悪くなり、薬の量を増やしていき、それでも次第には効き目がなくなりまた増やすという悪循環にはまっていきました。

また、同時に鬱や対人恐怖などの神経症状が次々と現れはじめ、社会人と比べほとんどプレッシャーも人間関係の辛さもない、ゆるいキャンパスライフなのに、神経症状の為、友達も少なく、ほぼ引きこもりのような生活をしていました。

始終、得たいの知れぬ不安感が心の底にこぶりついており、何をするにも鬱が付きまとっていました。
自分の顔や声が醜いと思い(今から振り返ると普通の顔でした)、人とも自然に話すこともままならず、写真や鏡を見ると絶望に突き落とされました。

自分の存在が嫌になり、自殺未遂もしましたが成就せずに、常に生きる恐怖に怯えていました。

薬の量もどんどん増えてゆき、自分の力では無く、薬の力で這って生きてるようなものでした。

さすがにこのままで良いのかと怖くなり、医者に相談しても薬を増やすか、別の薬をだすか、たまのアドバイスでも「運動をしろ、趣味を持て」ぐらいでした。

神経症を何とかしようと思い、医者に行き、確かに薬を飲めば一時的に症状は落ち着くが、薬がきれたらまた症状がぶり返す、しかも更に悪くなって…

「生きたくない」でも「死ぬのも怖い」と言う思いに揺れながら、このままではヤバイと思いつつも薬を飲み続け、薬漬けの人格が形成されてしまいました。

次回に続く

神経症状の診かた・考えかた General Neurology のすすめ

神経症状の診かた・考えかた General Neurology のすすめ